• パソコンを直している男性
  • 簡単に容量を増やせる

    ビジネスシーンや一般家庭で使われているパソコンは、今の時代には欠かせない物になっています。データをたくさん保存したいなら、外付けhddを購入しましょう。簡単に接続できて、簡単に容量を増やすことができます。

    Read more

    業者に依頼

    外付けhddや内蔵hddなどのhddは精密機器なので、ちょっとしたことで異常が起きたり、トラブルが起きたりすることがあります。その際には、修理業者に依頼しましょう。修理業者なら、壊れたhddのデータを復旧してくれます。

    Read more

    容量の増やし方

    外付けhddを購入して容量を増やす方法もありますが、内蔵hddと外付けhddケースを購入して容量を増やす方法があります。この方法なら、好きなhddを選べることができるので、安心してパソコンを使うことができます。

    Read more

    注意点

    外付けhddが故障した場合は、自力で復旧するのはなるべく避けた方が良いです。その理由は、専門的な知識を持っていないまま、復旧を試みると、直るような状態でも復旧できないようになってしまうことがあるからです。

    Read more

    選び方

    現在では必要不可欠となっているパソコンですが、そのパソコンを使用してデータを保存する場合は、hddが必要です。
    hddを使用することで、動画や音楽などの容量が大きいデータも保存することができます。容量が足りなくなったら、外付けhddを使用することで、簡単に容量を増やすことができます。
    外付けhddとは、パソコン本体にUSBなどのケーブルで接続するタイプの記憶装置のことです。簡単に取り外しすることができますし、持ち運びにも便利です。
    外付けhddには、据置型とポータブル型の2つのタイプがあります。

    外付けhddを購入する際のポイントの1つが、容量です。容量が大きければ大きいほど多くのデータを保存することができます。250GBや500GBなどもありますが、1TB以上の商品が大多数を占めています。
    あまり容量は使わないかも、と思っていても1TB以上あった方が安心して使用することができます。
    容量だけではなく、接続方式を知っておくことも大切です。接続方式は、USB、eSATA、LAN、IEEE1394、Thunderboltなどがあります。
    この中でも最も主流なのが、USBです。USB2.0は最大転送速度が480Mbpsで、USB3.0は、最大転送速度が5Gbpsとなっています。

    回転数、回転速度も、hddを選ぶ際の1つのポイントです。ディスクの回転速度が早ければ早いほど、転送速度が早くなります。
    hddディスクの回転速度はrpmで表示されます。回転速度は5400rpmと7200rpmの2種類があります。
    大容量ファイルの処理を行う場合は、回転速度が早いhddを購入した方が良いです。ただ、回転速度が早くなると駆動音が大きくなるので注意が必要です。